こだわりのロゴデザインなら「ロゴスタジオ」

「デザイン経験10年」のデザイナーにこだわる理由。

ロゴスタジオのデザイナーは、
「デザイン経験10年以上」の実力派揃いです。
経験の浅いデザイナーにデザインを担当させれば
コストを抑えることもできますが、
それでもなぜ「デザイン経験10年」にこだわるのか。
その理由をご紹介します。




デザイナーと聞くと、何か特別な感性やセンスを
持っているようなイメージかもしれません。
もちろん感性・センスというのも大切ではありますが、
デザイナーにとって一番大切なのは「デザインの技術」なのです。
デザインの技術は一朝一夕で身につくものではありません。
1年や2年では見習いレベル。
5年でも本当のプロと呼ぶにはまだ早いと言わざるを得ません。

子どもの頃から厳しい練習を積んできた人が、プロのスポーツ選手になるように。
大工が雑用続きの長い下積みを経て、一人前の棟梁に成長するように。
デザイナーも十分な経験を積まなければ、
本当の意味で「プロのデザイナー」にはなれないのです。



デザイナーに資格は必要ありません。
「今日からデザイナーです!」と名乗れば、あなたでもすぐになれる職業です。
だからこそ、その実力を測るモノサシとして「経験」が重要になってきます。

では、ロゴデザインのどのようなところに経験による差が出るのでしょうか。
それは、経験の浅いデザイナーは当たり外れがある、ということです。
つまり、あるお客様では優れたロゴデザインができても、
またあるお客様では期待に応えることができないのです。

独りよがりのデザインではなく、お客様を第一に考えてデザインするプロ意識。
お客様の要望を正確にくみ取るコミュニケーション能力。
それらは、経験からしか身につくものではありません。
私たちは、プロのデザイン会社である以上、
すべてのお客様に必ず満足していただきたいと考えています。
そのために、デザイナーは過去に数多くのお客様を満足させてきた
実績がなければならないと考え、
「デザイン経験10年」を最低条件としています。



他のロゴマーク制作会社さんは、
デザイナーの経験年数を制限しているところがありません。
確かに経験の浅いデザイナーに担当させれば、コストを押さえられるのは確かです。

しかし、私たちはロゴマークを
経験の浅いデザイナーに制作させることはありません。
企業・サービスの「顔」という大役を担うロゴを、
経験の浅いデザイナーに制作させるのは、
ご依頼いただく企業に失礼なことにしか思えないのです。

私たちは優れたロゴマークが持っているチカラを信じています。
だからこそ、大きな責任を持って仕事に取り組み、
ロゴのクオリティーに一切妥協はしません。
それが、「デザイン経験10年以上」にロゴスタジオがこだわる理由です。




  • エコノミープラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン
  • ご注文フォーム